top of page
  • 宮田学園本部

2023年「鏡開き式」を開催 学生500名が参加

更新日:2023年10月30日


2023年1月11日(水)、西日本国際教育学院では2023年の「鏡開き式」を開催しました。

今年は、学生500名と教職員65名が参加。行事担当者をはじめ教職員が協力して、ぜんざい作りと学生達のおもてなしにあたりました。




鏡開きに参加する前に、学生達は鏡開きの事前学習を行いました。無病息災を祈願して、年神様の力が宿った「鏡餅」を食べるもので、日本で古くから行われている伝統行事であるという、鏡開きの意味・由来について理解を深めました。当日は、グループごとに食堂に集まり、初めて見るぜんざいに戸惑いながらも、美味しそうに食べていました。




大掛かりな鏡開き式を開催したのは、新型コロナウイルス感染症の影響で3年ぶりです。新年の幕開けとなる鏡開きを通して、学生たちは日本の正月の伝統行事を体験し、日本の生活習慣とマナーを学びました。学生一人ひとり、教職員一人ひとりの健康と成長を願っています。




参加者からは、「先生達が作ってくれたぜんざいを食べて、体も心も温まりました。ありがとうございました(シェルパ フルテンジさん:ネパール)」や、「日本の伝統文化を体験し、初めてぜんざいを食べました。甘くて美味しいです。来年も食べたいです(スナル ディネシュさん:ネパール)」との声もあり、学生達と教職員がともに笑顔で過ごし、それぞれの健康を願い、明るい一年のスタートを切ることができました。




西日本国際教育学院 教務課 西村


閲覧数:58回0件のコメント

Comments


bottom of page