top of page
  • 宮田学園本部

節分行事で、学生569名が「なりたい自分」について発表

更新日:2023年10月30日


西日本国際教育学院では、2023年2月3日(金)に、1年生489名と3年生80名の合計569名で、節分行事を実施しました。

節分は、「みんなが健康で幸せに過ごせますように」という無病息災の願いを込めて、「悪いもの」を追い出す行事とされています。今回の節分では、学生達が健康的な生活を目指し、それぞれが考える心構えなどについてワークショップを行い、クラスメイトの前で発表しました。



学生達は、弱点を日本語で表現するのに苦戦していましたが、一生懸命取り組んでいる様子が印象的でした。また、発表や教室に掲示するための飾り付けの時は、クラス全体で楽しみながら、協力し合っていました。

学生からは、「弱点を考えるのは初めてで楽しかった。弱点をなくしたい」や、「ベトナムにも似たような行事はあるが、鬼は初めて見た。面白かった。今度は豆まきもしてみたい」などの声が聞かれました。



今回の節分行事を通して、学生が自身を見直すきっかけになるともに、クラスの結束力が強まる良い機会となりました。学生達が今後の留学生活においても継続的に意識し、取り組んでいけるよう、しっかりとサポートするとともに、学生および関係者の皆様の無病息災をお祈り申し上げます。


西日本国際教育学院 教務課 境野

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page